光熱費節約の新常識はこれ

どんなに食費を節約しても貯金が出来ない、そう感じている人は多いでしょう。

芸能人の美の秘密


毎日自炊で安いものを使っても、栄養のバランスを考えなければ体調を崩してしまうし、病院に掛かればその分余計にお金が掛かります。たまにレジャーとして外食をすることもあるでしょう。

ではどこで節約すれば良いのか、手っ取り早いのは光熱費です。
光熱費を少なくすることを基準に色々な選択をしていくと、家は最小限の広さになるでしょう。木造の戸建てなんて、暖房費が掛かってしょうがないですね。今はお金を貯めると決めたら、鉄筋コンクリートのマンションの2階がオススメです。
2階は風通しが良く、最上階でなければ夜は窓を開けっ放しで寝ることが出来ます。夏の暑い時期に、昼間は仕方ないですが、日差しのない夜くらいはエアコンの付けっ放しは避けたいものです。
冬の寒い時期、1階に人が住んで暖房を使っていることで、2階の部屋の暖かさが全然違います。外出先から帰ってきたときに、暖房を付けてなくてもホッとする暖かさがあるのは、マンションの2階以上でしょう。
家電もできるだけ小さくすることで、消費電力変わってきます。引越しを機に家電をいくつか買い換えましたが、敢えて小さめのものにしました。
洗濯機は、汚れや素材、色柄ものなど、分けて洗濯する場合、大きい必要はありませんね。我が家では2人暮らしで標準水量32リットルの一人暮らし用と言われている洗濯機を使っていますが、この大きさで十分です。電力の問題なのか、脱水が少し甘い気もしますが、しっかり脱水するよりも生地を傷めず、シワにならず、服が長持ちするような気がします。
冷蔵庫も毎日スーパーマーケットに買い物に行くので、飲み物や使いかけの肉や野菜くらいしか入っていません。一人暮らし用の四角い冷蔵庫で問題なくやっていけています。
炊飯器も同じで、最大4合炊きのものを使っています。2人暮らしなら通常2合で、カレーライスなどご飯が進むメニューでも4合炊くことはまずありません。次の日の朝の分は、タイマーで予約するなどしてまた炊けば良いだけです。小さめの炊飯器だと内釜も小さく、洗いやすいので気に入っています。
ミニマリストのような何もない家に住むのはほとんどの人が不可能だと思いますが、家電は買い換えるときに小さめを選べば良いだけ。家電が小さくなることでキッチンを広く使え、スッキリと快適に暮らすことが出来ますね。
昔から大は小を兼ねると言いますが、時代が変わってきているのを感じます。

私は母校の食堂を定期的に利用する生活を送っている

私は大学を卒業してそれなりに経ちますが、いまだに大学のキャンパスに行くことがあります。
大学それ自体に用事があるというわけではなく、大学の食堂を利用するために行っているのです。
在学中に何度も食堂は利用しましたけど、卒業してからも利用しているという状況には、ある理由があります。
それは明らかに安上がりという部分で、普通に食事をするよりも安く済みますし、それでいて十分に満足のいく食事をすることができるという点が大きいのです。
食事をするにあたっては、できるだけ安くすましたいという思いはあるものの、自分で作るのは手間がかかるため、避けたいとも思っているわけです。
そうなると、外食ということになりますが、外食で安いところというとファストフードも選択肢としてありますが、栄養のバランスを考えると大学の食堂を利用するというのがベストじゃないか?と考えたのです。
そこで行き慣れた母校の食堂にたまに通っていますが、ちょうどアクセスが良いところにあるので、夕食などをそこで済ますことが多いです。
昼時は恐らく混んでいると思うのですが、夜の7時頃に行くと当然ながら学生の姿はあまりないです。
ただ、一人暮らしをしていて、私と同じように夕飯を食べるためにここを利用していると思われる人たちがちらほらいますが。
やっぱり自炊するよりも圧倒的に楽という部分があるのではないか?と思います。
大学の食堂というのは安くて、美味しくて、栄養バランスがそれなりに整ったメニューがありますし、何よりもすぐに出てくるのが便利です。
私が学生の頃にもこういった理由で利用していましたけど、当時から本当に便利な存在だなと思っていたので、今でも定期的に利用しています。
自炊は全くしないわけではないですけど、常にやっているわけではないので、ちょうど大学のキャンパスの近くに行く用事があったときなどは、そこで食事をするという生活をしています。
大学の食堂は学生以外にも利用者が結構いて、大学の教授や職員、そして一般の人などもたまに利用しているようです。
したがって、私は一応OBですけど、一般人として利用していても不自然ではないと思います。
大学の食堂以外に安くて、美味しくて、手間がかからなくて、栄養バランスもそれなりに整っているところはないと思いますから、これからも重宝するのではないか?と思います。
卒業しても母校に定期的に通う日々が待っているとは、在学中には全く考えていませんでしたが、キャンパスの中を歩くと懐かしい思い出にも浸れるので悪くないと思っています。

おしゃれを大事にするという生活スタイル

服装規定などが厳しい職業などもありますが、圧倒的に人生に得の積み重ねを作ってくれるのはおしゃれの出来る環境だなと思います。誰だって見た目のいいものは好きなのです。よりそういう風である人の方に、見ている人はそっと好意的な視線を送るのに違いありません。その機会の差が自分の実感にも溜まって来るだろうし、時には明確な出来栄えの差になったりするわけです。なので、出来る限りおしゃれについて気を配った方が、やはりより良い生活につながるのでしょう。
服装規定のある最中はそこが変わるまでどうしようもありませんが、それにしても見た目に分からない所ででも工夫できればそうしておくといいかもしれないと思います。例えば、アクセサリーなどについて、見た目に出てなければいいというのなら、服で隠れる所にでもつければいいのです。思えばアクセサリーなどは本当はマナーというものの中に含まれているし、毎朝つけることが習慣というのは儀礼的な側面も出る気がします。朝支度としてそこまでフルセット毎日やって出掛けるのは、気が引き締まるというものでしょう。
綺麗が人を強くするというのもあります。人の悪口を沢山言って人を退散させるより、綺麗でいられていて、自分を信じることが出来ており、そのどことなく強い感じで主導権を取る方が圧倒的に道理だし、楽なことでしょう。そのようなことからも考えられるように、生きていくには自分の綺麗力を高めていった方がいいに違いありません。
どうしても仕事上理由があって、不自由気味な環境下であり、そこにいる時間が一日のうちに長い場合も、プライベートなどともかくおしゃれに関して何の制約もない時には、思い切りおしゃれを楽しんだ方がいいのではと思います。おしゃれしないでいる時と比べて変身した位の差がもしついたとしても構わないかもしれません。なぜかと言えば、例えば昔からよく、お化粧をする女の人はしない人に比べてすっぴんの顔が違うと言われます。確かにそうで、お化粧を常にしてきた人は、すっぴんがどことなくお化粧と共にある人だなという感じに見受けられます。ごくナチュラルでいろと言われた時に、どうせだったらそんな雰囲気が醸し出される方が素敵ではないかとも考えられます。もちろんすっぴんが申し分なく綺麗な人はそれが素晴らしいのですが、普通そのレベルで話はそうは出来ないものだし、それならば客観的には、飾る心がある人がより綺麗に思えるものだからです。
人が人を好きになって生活は栄えていくものですから、人が自分の周りに来てくれるように、忙しい毎日でもおしゃれの心を忘れたくないものだなと思います。

私のライフスタイルはランニング中心!

私は現在44歳です。健康について気になりだしたのは39歳の時です。ふと気づくとお腹はたるんでおり、体は常に気だるさを感じていました。会社の健康診断で色々と引っかかってしまい決意!健康になり若さを取り戻そう!そう思い近所の公園を走り出したのが始まりでした。健康でいたいなどそれまで考えたことなどありませんでしたがまだ30年ぐらいこの体を使わないといけないと考えると一念発起で体に鞭打ってやリ出しました。。今年で6年目です。走り出していろいろ気づいたことがありました。走ることで鍛えられるのは体だけではなく精神力です。生活している中で精神力は重要でこれを鍛えることで少々のことでは心折れることはなくなりました。生活していくことは良いことばかりでは決してないわけで、どちらかというと我慢することのほうが多いと思います。我慢することによりストレスを貯めイライラしたりすることがありますがそのストレスを解消できれば健康は維持できる。その点でも走ることは良い方向に向かっていると思います。イライラした時に走っていると頭の中でそのイライラのことばかり考えるのですが、ちょっと疲れたなーと思ったときにはそのイライラが汗に変わっていて、走り終える頃にはすっかり忘れていたりします。毎日の生活で生きていくのも大変ですが、1日の始まりに走ったときの苦しさや厳しさを思い出して「もし今日辛い思いや苦しいことがあってもあの苦しさよりも苦しいことなんてない!」と思うようにしています。
やっぱり楽に楽しく過ごせればそれに越したことはないのですが、私のように不器用な人間はポジティブよりストイックに生きていくことのほうが向いていると感じます。
私のライフスタイルで欠かせない存在になったランニングですが、他の人から見るとそんなきついことやらないよと思われていると思います。私もそう思っていました。
しかし最初こそ人目が気になったり恥ずかしいと思ったことがありましたが、それも鍛錬のうちと思いいつの間にか感じなくなりました。今ではランニングを初めたことで
自分にとってのプラスな部分が多く、やめようと思ったことはありません。私はランニングをお勧めします。よく続かないなんて話を耳にしますが、ちょっとだけ我慢して続けてみて下さい。体に良い兆候が現れて新しい感覚が生まれると思います。適度にやって運動不足解消!そしてマラソン大会なんかを目標に頑張ったりすると毎日に張りがでますよ。

生活していく中でできるだけ大きなお札は持たないようにしている

私は普段財布の中やタンス預金を含めて大きなお札はあまり持たないようにしています。
大きなお札というのは1万円札になりますけど、こういったものを多く持っていると高い買い物をしやすくなってしまいますから。
私はできるだけ節約を心掛けているので、お金を使わない生活を目指しています。
そのときに重要なのが、こういった大きなお札をあまり持たないという生活スタイルになります。
大きなお札を持っていると、高い買い物をするときにそういったお札で支払いがしやすいということが言えます。
逆に言えば、小さいお札しか持っていないと、高い買い物はしづらいのです。
なぜか?というと、高いものを買うときに例えば1000円札のみで支払いをするというのは不自然でしょうから。
1万円のものを買うときには1万円を出せば済むところをわざわざ1000円札を10枚出すとというのは、店員からすると不自然に思うでしょう。
したがって、そういう支払い方法というのは現実的にやりづらいということになります。
そして、やりづらい支払方法というのはほとんどできないので、1000円札ばかりが手元にあるという状態だと、高価なものは買いづらいのです。
1000円札のみで支払いをしても不自然ではないような価格のものしか買えなくなるので、結果的に高い買い物はせずに、節約につながるということになります。
そういったことを実現するために、私はお金をおろすときには、基本的には1万円札はできるだけ残さないようにしています。
1000円札のみになるようにしているので、その分財布はかさばりますけど、それによるメリットが大きいので、多少かさばっても気にしていません。
その結果、5000円くらいまでの買い物は割としていますが、それを越える買い物は減ったと思います。
趣味で使うときにたまに数万円くらいまでのものを買うくらいで、頻繁に高い買い物はしなくなりました。
どうしても必要なもの、買わないといけないものについては1万円札を使って買い物をしますが、日常生活の範囲内においては1000円札のみで買い物をすることが多く、5000円を越えるものを買うケースはあまりないと思うのです。
これが私の生活スタイルであり、趣味に使うお金はそこまで多くないですし、節約がある意味趣味なのでこういった状況になってはいますけど、お金をそんなに使わなくても苦ではありませんから、これからもこの生活スタイルはずっと続くのではないか?と考えています。