生活していく中でできるだけ大きなお札は持たないようにしている

私は普段財布の中やタンス預金を含めて大きなお札はあまり持たないようにしています。
大きなお札というのは1万円札になりますけど、こういったものを多く持っていると高い買い物をしやすくなってしまいますから。
私はできるだけ節約を心掛けているので、お金を使わない生活を目指しています。
そのときに重要なのが、こういった大きなお札をあまり持たないという生活スタイルになります。
大きなお札を持っていると、高い買い物をするときにそういったお札で支払いがしやすいということが言えます。
逆に言えば、小さいお札しか持っていないと、高い買い物はしづらいのです。
なぜか?というと、高いものを買うときに例えば1000円札のみで支払いをするというのは不自然でしょうから。
1万円のものを買うときには1万円を出せば済むところをわざわざ1000円札を10枚出すとというのは、店員からすると不自然に思うでしょう。
したがって、そういう支払い方法というのは現実的にやりづらいということになります。
そして、やりづらい支払方法というのはほとんどできないので、1000円札ばかりが手元にあるという状態だと、高価なものは買いづらいのです。
1000円札のみで支払いをしても不自然ではないような価格のものしか買えなくなるので、結果的に高い買い物はせずに、節約につながるということになります。
そういったことを実現するために、私はお金をおろすときには、基本的には1万円札はできるだけ残さないようにしています。
1000円札のみになるようにしているので、その分財布はかさばりますけど、それによるメリットが大きいので、多少かさばっても気にしていません。
その結果、5000円くらいまでの買い物は割としていますが、それを越える買い物は減ったと思います。
趣味で使うときにたまに数万円くらいまでのものを買うくらいで、頻繁に高い買い物はしなくなりました。
どうしても必要なもの、買わないといけないものについては1万円札を使って買い物をしますが、日常生活の範囲内においては1000円札のみで買い物をすることが多く、5000円を越えるものを買うケースはあまりないと思うのです。
これが私の生活スタイルであり、趣味に使うお金はそこまで多くないですし、節約がある意味趣味なのでこういった状況になってはいますけど、お金をそんなに使わなくても苦ではありませんから、これからもこの生活スタイルはずっと続くのではないか?と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です