おしゃれを大事にするという生活スタイル

服装規定などが厳しい職業などもありますが、圧倒的に人生に得の積み重ねを作ってくれるのはおしゃれの出来る環境だなと思います。誰だって見た目のいいものは好きなのです。よりそういう風である人の方に、見ている人はそっと好意的な視線を送るのに違いありません。その機会の差が自分の実感にも溜まって来るだろうし、時には明確な出来栄えの差になったりするわけです。なので、出来る限りおしゃれについて気を配った方が、やはりより良い生活につながるのでしょう。
服装規定のある最中はそこが変わるまでどうしようもありませんが、それにしても見た目に分からない所ででも工夫できればそうしておくといいかもしれないと思います。例えば、アクセサリーなどについて、見た目に出てなければいいというのなら、服で隠れる所にでもつければいいのです。思えばアクセサリーなどは本当はマナーというものの中に含まれているし、毎朝つけることが習慣というのは儀礼的な側面も出る気がします。朝支度としてそこまでフルセット毎日やって出掛けるのは、気が引き締まるというものでしょう。
綺麗が人を強くするというのもあります。人の悪口を沢山言って人を退散させるより、綺麗でいられていて、自分を信じることが出来ており、そのどことなく強い感じで主導権を取る方が圧倒的に道理だし、楽なことでしょう。そのようなことからも考えられるように、生きていくには自分の綺麗力を高めていった方がいいに違いありません。
どうしても仕事上理由があって、不自由気味な環境下であり、そこにいる時間が一日のうちに長い場合も、プライベートなどともかくおしゃれに関して何の制約もない時には、思い切りおしゃれを楽しんだ方がいいのではと思います。おしゃれしないでいる時と比べて変身した位の差がもしついたとしても構わないかもしれません。なぜかと言えば、例えば昔からよく、お化粧をする女の人はしない人に比べてすっぴんの顔が違うと言われます。確かにそうで、お化粧を常にしてきた人は、すっぴんがどことなくお化粧と共にある人だなという感じに見受けられます。ごくナチュラルでいろと言われた時に、どうせだったらそんな雰囲気が醸し出される方が素敵ではないかとも考えられます。もちろんすっぴんが申し分なく綺麗な人はそれが素晴らしいのですが、普通そのレベルで話はそうは出来ないものだし、それならば客観的には、飾る心がある人がより綺麗に思えるものだからです。
人が人を好きになって生活は栄えていくものですから、人が自分の周りに来てくれるように、忙しい毎日でもおしゃれの心を忘れたくないものだなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です